ダイエットの方法を「基本的」一覧にしてみました

店長のサクラックより

ダイエットをするならばきれいに痩せたいですね

きれいに痩せるってどういう事なのでしょうね

体脂肪を落としながら痩せていければきれいに痩せることができます

ウエストがキュッとしまって、メリハリのあるボディに近づいてきます。

 

肌が荒れたり、肌が乾燥していてはだめです。

きれいに痩せることは、健康的に痩せることです。それが理想的なダイエットですね。

 

この理想的なダイエットを行うにあたって、もう一度ダイエットをしなくてはいけなくなった原因を探してみようと思います。

一度自分で、なぜダイエットをしなくてはならなくなったのか私と一緒に振り返ってみてください

もう、みんな分かっていることですが、太る原因は、やっぱり食べすぎでは、ないでしょうか。大食いとまではいかないにしろ、自分が動いてカロリーを消費する量よりも、食べる量が多くなるとどうしても余ったカロリーが脂肪となって体に蓄えられます。(あまりひどいと糖尿病になります)

 

食べすぎの人は、食べ方もひどい場合があります。テレビを見ながらお菓子を食べてみたり、早食いだったり、1日1回しか食事をせず、その1回が大食いだったり。

 

これでは、太ってもしょうがないですね。

 

それ以外にも、過食症のような精神的なストレスによる過食というのもあります。やけ食いも精神的なストレスからくる過食になるのでは、ないでしょうか。

 

運動不足も太るひとつの理由ですね。運動ををしないと体の新陳代謝が悪くなり、普段の生活でもエネルギーを多く消費しなくなります。

 

新陳代謝が悪くなりエネルギーの代謝も悪くなります。新陳代謝が悪くなると、体も温まらず、冷えてしまいます。

体を冷やすことは、女性にとっては、良くないことなのです。

卵巣や子宮にも良くないですし、冷え性にもなり肌にも影響します。

体は、温めるのが基本です。

 

体を温めるためには、ショウガがおすすめです。

 

最後に遺伝による体質的なものもあります。これは自力ではどうにもならない場合もあります。

ここまで、なぜ太るるのか原因を探ってみました。

そこで、ふと気が付いたんです。

これだけ太る原因がわかっていれば、痩せるためには、これら太る原因を徹底的に排除してあげればいいのではないかと。

そうすれば「絶対に」痩せることができるはずです。

 

痩せるためのダイエットの方法を一覧にしてみました。

  1. 食べすぎない
  2. ながら食いはせず、ゆっくり食べる
  3. ストレスをためない
  4. 適度な運動をして体脂肪が燃えやすい身体にする
  5. 体を温める

この5つのことをしっかりと行えば「絶対に」痩せるのではないでしょうか。

この中でも、すぐにできるものとなかなかできないものがあります。

私的には、この中で一番やってほしいものは、体を温め、筋肉が付く運動をするという事です。

 

これをやっておくと、後々楽にダイエットができます。

いわゆる体質改善です。

 

筋肉を付けて、脂肪が燃えやすい身体にしておくことは、どんなに食べ物を食べても、体の中で処理をしてくれます。

 

また体が冷えにくくなるので、女性特有の悩みの改善にもつながります。

体を温かくする入浴法などもありますので参考にしていください。

体を温める方法や体を温める食べものについては、また別の記事で書いていきたいと思って言います。

 

運動をして、体脂肪を燃やしやすい身体にすることが一番難しいかもしれませんが、だからこそ、この方法でダイエットに成功した時には、とても嬉しいのです。

そうやってきれいに痩せることができます。

 

【参考になればよいのですが、美しくなる入浴方法の紹介です】

 

■肌に効くお風呂の入り方

 

38度前後の微温にみぞおちから下だけ入ります。冬は寒いので、お風呂全体の室温を上げておいた方がいです。

 

その状態で20分ほどつかります。

 

この時、ペットボトルに水を用意しておきましょう。

お風呂に入ると、汗で体の水分がどんどん出ていくので、その都度補給が必要です。

↓↓おすすめの「水」はこちら↓↓

 

肌の状態に合わせて、マッサージをしたり、入浴剤を使うとより効果的です。

体が温まってきたら、一度バスタブから出ます。体を洗ったり、髪の毛を洗います。

体がよく温まっていないと、途中で寒くなってくるので、しっかりと温まっておくことが大切です。

 

この時に、38度くらいのバスタブに少し熱いお湯をプラスして42度くらいまで、湯温を上げておきます。

 

体の汚れを取り除いたところで、もう一度湯船につかり、熱くなったお湯で汗を出し、毛穴に詰まった汚れや皮脂までも綺麗にします。

 

この時にバスソルトのようなものがあれば、より汗が出ます。

 

 

今度は、胸までしっかりと浸かり汗を出します。同時に水分補給を忘れずに。

 

お風呂から上がるときに、オイリー肌の人はそのままでいいのですが、乾燥肌の人は、上がる直前にシャワーで足元だけ、冷たい水をかけてください。

これは足元を急に冷やすと自律神経の反射で、全身の毛穴がパッと閉じるため、その作用をうまく利用して毛穴と汗腺をピタリと閉じ、必要以上の水分の蒸発を防ぎ潤いを保つためです。

 

バスタブから立ち上がる時は、ゆっくりと立ち上がるようにしてください。

 

もし、お風呂から上がってもめまいがするようなら、すぐに体を横にして休んでください。この時座るのではなく、床に頭をつけて完全に横になってください(心臓より頭の位置を高くしない)

長くお風呂に入ることで、汗をかきます。そうすると体内の水分が減り、脱水症状になる心配もあります。

水分は、お風呂の前や上がって撮るよりも、むしろお風呂の中に飲みものを持ち込み、バスタブにつかりながらどんどん飲んで、水分補給をしましょう。

 

この時飲み物は、冷たいものよりはも暖かいものかもしくは常温のものをおすすめします。

 

お茶だと利尿作用があるので、体内の循環を良くするのに役立ちますし、シリカが入った水は、美容に効果があります。

 

新陳代謝を活発にして老廃物を排出するためには、水分をたくさん摂らなければなりません。水分補給は十分に行ってください。

 

入浴は、リラックス効果もありますので日頃のストレスも軽減され、その結果ホルモンバランスの、乱れも整えられます。

 

是非、毎日の入浴ライフを有意義なものにしてください。

 

コメント

バストを大きくしたいならバストアップサプリ【Bom2 Boron】~ボンボンボロン~
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました