ブルックス 痩せるカフェサプリ コーヒーとサプリが一緒になりました

その他ダイエット商品

【提案!!】便秘解消・痩せるカフェサプリでコーヒー飲んで食物繊維たっぷり取ろう

食物繊維が、便秘に効くことは、皆さんすでにご存知でしょう。

問題は、この食物繊維を無理なく摂ることが難しいという事です。

野菜をたくさん食べればいいという事は、わかっているけど、毎日、毎日食べるのはちょっと無理。

やっぱり「習慣」って恐ろしいですよね。
毎日、食べたり飲んだりするものであれば、ずっと継続もできるんでしょうけど。

毎日の習慣に「コーヒーを飲む」ことは入っていませんか?

もし、「朝の一杯」や「食後の一杯」にコーヒーを飲んでいるならば、迷わずカフェサプリにしましょう。

全く無理なく便秘は解消されるし、体重も減ってきます。

カフェサプリという名前ですけど、全くサプリなんかではありません。普通のコーヒーと同じなんです。

カフェサプリを作ったのは、ブルックスというドリップバック(使い捨て)通常コーヒーで有名な会社なんです。

だからコーヒーの味はそのままに、からだにうれしい成分をプラスし、毎日の健康をサポートしてくれます。

レタスなら1個分、バナナなら3本分、トマトなら2個分相当の食物繊維を無理なく摂取できます。

ブルックスの『カフェサプリ 食物せんい』を毎日続けてみませんか。

今なら12日間お試しセットが『初めての人だけ』すごくお得です。

12日間のお試しセットが、初回限定で、1,058円とすごくお得に購入できます。

しかも送料も無料です。

コーヒー豆は、通常のドリップバックならば8gですが、カフェサプリには10g以上使用されています。

ドリップバックの袋を開けた瞬間に思わず深呼吸したくなる香りと豊かなコクをお楽しみ下さい。

またブルックスでは、コーヒー豆の輸入から品質検査・豆の選別、焙煎などを経て、国内自社工場からお客様の素へ直接コーヒーをお届けしています。

 

カフェサプリ公式ホームページから注文する

 

・1杯飲むことで、1日の食物繊維の摂取目標量に近づけられます。
・スッキリしたい方、野菜不足の方、生活習慣を改善したい方におススメです。
・コーヒー豆は、厳選した高級銘柄の上位グレードを使用。
・ドリップバッグタイプなので、お好きな時にいつでも楽しめます。
・毎日のコーヒーなら続けられる♪
・無理なく手軽においしい健康習慣をはじめませんか。
◆飲み方◆
いつものコーヒーと変わらぬ味わいなので、
他のブルックスドリップバッグコーヒーと同様に、お好みに合わせてお召し上がりください。
※『カフェサプリ食物せんい』は健康応援コーヒー(食品)です。

1日1杯を目安にお召し上がりください。

飲みすぎ、または体質・体調によりおなかがゆるくなることがあります。

※白い粉末は難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)です。

 

カフェサプリ公式ホームページから注文する

補足情報

ご注文時にメールマガジンを登録するともれなく500マメーポイントがもらえます。

このマメーポイントを使用して、いろいろなものがいただけます。

公式ホームページから注文する

 

コーヒーの効果はダイエットだけではありません

コーヒーを飲むと血圧が上がると思っている人は、コーヒーを飲むことを避けていると思います。それはコーヒーにカフェインが多いからだと思います。

カフェインは、摂取すると自律神経のうち交感神経を刺激して、心臓の働きを強めたりします。その結果血圧がわずかに上がり、脈拍も少し早くなります。

しかしそれは一時的で、時間がたてば元に戻ります。むしろ長期的に見れば、高血圧のリスクを減らす働きがあります。

コーヒーを飲むことで高血圧になることはありません。
それどころか、動脈硬化や心筋梗塞など、心血管関係の疾病に良い影響をもたらすのです。

 

高血圧の発症リスクは、コーヒーを1日1~3杯飲む人は、飲まない人に比べて18%もリスクが低下しました。

つまり、毎日習慣的にコーヒーを飲んでいると、血圧が上がるどころか、高血圧になりにくいのです。タバコを吸わなければさらに良い結果になります。

カフェインには、脈拍数を増加させる作用もありますが、これも血圧上昇と同様に、一時的なものです。コーヒーを常飲している人は、脈拍数は逆に減少することがわかっています。

アメリカの心臓専門誌の論文においても1日1杯飲む人は15%、2~3杯飲む人は14%心房細動という不整脈のリスクが下がると報告されています。

仕事の合間などにコーヒーを飲むと、ひととき、気分がリラックスしますよね。こうしてコーヒーブレイクを楽しむことも、血圧や脈拍の安定に繋がります。

コーヒーを飲むと脂肪燃焼効果が高まるという報告があります。2019年「サイエンティフィック・リボーツ」という科学誌に、コーヒーを飲むと脂肪が燃焼して熱を産生するという事件が紹介されました。

コーヒーを飲むだけで脂肪が燃えるなら、運動前にコーヒーを飲むのは合理的だと思います。

浅煎りコーヒーには、「クロロゲン酸」というコーヒーポリフェノールが多く含まれています。クロロゲン酸は、コレステロール値の低下作用や食後の血糖値を抑える作用があると報告されています。

 

一方深入りのコーヒーには、「ニコチン酸」が含まれています。体内でのエネルギー産生に深くかかわっているほか、脂肪代謝を改善して、動脈硬化を防ぐアディポネクチンというホルモンや、善玉コレステロールを増やす作用があります。

コーヒーには、がん予防や悪化防止、肝臓病の予防や悪化防止、動脈硬化の予防、糖尿病の予防・改善、ダイエット、シミ予防、腸内環境の調整などおに役立つことがわかっています。

カフェサプリ公式ホームページから注文する

 

コメント

ダイエットサプリの決定版『レクレア』はこちら
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました