水太りを解消するには汗をかくこと

店長のエリーゼより

体重を減らすには、体の中で一番重いものを減らせばいい

体重を減らすには、体の中にたくさん含まれている水分を出すことで、ダイエットができるんではないでしょうか。

ただ水分を出すのでは、危険なので「余った水分」を出すのです。

人間の体の60~70%は水だといわれています。この一番多くて重い水を体外に出してしまうことで、健康的に体重を減らすことができるのです。

「お腹の贅肉を減らした方が、効果があるんではないか」と思う人もいるかも知れませんが、実はそのお腹の贅肉は、脂肪と水分とのミックスなのです。

触ってみるとわかるんですが、お腹のお肉のようにそんなに柔らかい脂肪はありません。

この柔らかさこそが、水分と脂肪とのミックスを表しているのです。

生きるためには、水分は必要です

「それならば水を極力摂らないようにすればいいのではないのですか」ということ考えてしまします。

水を摂らないと死んでしまいますので、体の中に入ってくる量と、出て行く量を同じくらいにすればよいのです。

体の中に水が溜まらにようにするのです。

トイレに行く回数が少ない人や便秘がちな人は、やはり体に水をため込む傾向があります。

水を多く体にため込むと、体が温まりにくいことから「冷え性」の方も多いですね。

水をため込む傾向のある人は、そんなに食べ物を食べなくても太ってしまったり、水太りとなり水分が下半身へと下がっていき下半身デブになってしまいます。

水分をため込む人の中には、よく「水」に対して間違った解釈をしている人もいます。

健康のためには、血液をサラサラにしなければならないので、できるだけ水分を摂ることによって、ドロドロの血液をサラサラにしなければと考えてしまうのです。

でも、これあまり水を飲み過ぎると血液中だけでなく、体のあちらに水分が溜まってしまいます。

飲んだ分だけ、出すことができる人ならば、新陳代謝も上がりとても効果的なダイエット方法のひとつなのでしょうが、水を体の中に入れるばかりでは、水太りになるのは当然です。

水を体の中にためることは、2000年も前から漢方では「水毒」といわれ良くないこととされています。

水毒の症状として、「二重アゴ」「下半身デブ」「足がむくむ」「尿の回数が少ない」「下痢、便秘になりやすい」「冷える」「まぶたがむくみやすい」などがあげられます。

これらに当てはまる人がいたら、ひょっとして体の水分量が多いのかもしれません。

水太りになる人は、体内に多くの水を入れ過ぎなので、水を体の中に入れたのであれば、今度はそれを出してあげなければなりません。

つまり、体を動かしたり、サウナやお風呂などで汗をかくことをすれば、自然と体の水分は抜けていきます。

今までなかなかダイエットに挑戦したけれども、一度も成功したことがないという方は、体の水管理をしっかりしてあげることで、ダイエットは成功するかもしれません。

また水を多く飲むことで、どうしても体温が下がってしまします。

体温を上げてあげるためにも、水の管理は行ってください。

利尿作用もある黒烏龍茶もダイエットに一役買ってくれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました