生姜がアトピーとダイエットに効果があるというお話。

店長のエリーゼより

多くの方がアトピーで悩んでいると思いますが、生姜を食べることで、アトピーが良くなったという人の話をします。

現代人の平均体温は、昔に比べてどんどん下がってきているのをご存知ですか?

一般的な体温では36.5度といわれていたのですが、実際に36.5度もある人は、ごくわずかなんです。

多くの人はだいたい36度くらいなんです。中には35度という人もいるくらいなんです。

体温が低いこととアトピーとは、どのようなかかわりがあるのでしょうか。

実は、体温の低下によって、発汗作用も抑えられ、新陳代謝がすごく悪くなるんです。

新陳代謝が悪くなることで、肌のターンオーバーの周期にも乱れが生じ、体温も下がってくるのです。

そんな体温が低い人に、生姜紅茶を飲んでもらったら、すごく効果があったんです。

生姜紅茶を飲んで、体質改善ができたのは、30歳の女性なのです。
彼女は小さいころから、ステロイド剤を使用していたのですが、一向に改善せず、良い漢方薬がないか探していたのです。

その女性もやっぱり平常時の体温が低く35.3度ほどしかありませんでした。体型はぽっちゃり水太りの体型だったようです。

この女性のアトピーの原因は、体温の低下と水分過剰でした。
水分が行き場を失って、湿疹として出ていたのです。

彼女は、まず、食事の量を少し減らし、体を良く温めるためるために朝食は毎日生姜紅茶だけにし、プチダイエットを行うようにしたそうです。

彼女は、朝食を生姜紅茶に変えたと同時に、駅までの通勤の徒歩を早歩きに変えました。さらにお風呂も汗をかきやすい半身浴に替えたそうです。

すると、入浴後はもちろん日中でも汗をかくようになり、尿の回数も増えてきました。

その結果アトピーの症状が改善され体重も10Kg以上も減ったのです。

そして、プチダイエットを始めて半年後には、アトピーの症状は改善され肌もきれいになったそうです。

毎朝の生姜紅茶によって新陳代謝を促し、水分の代謝を良くして、冷えと水分過剰が原因だったアトピーの改善と減量に成功したのでした。

平均体重も36.4度まで上がり、冷え性も改善されました。

生姜にはジンゲロン、ショウガオールにある鎮静作用にも女性にとってうれしい作用があります。

それは、これも体の冷えからくる、生理不順や生理痛に効果があるというのです。

生理不順や生理痛について病院でホルモン検査をしてみたのですが原因がわかりません。

そこで、あるテレビ番組で生姜紅茶の健康法について、放送だあったそうです。

そこで早速、翌日から、1日数回生姜紅茶を飲み始めると、体が温まり、次の生理の時には、以前の時にはあった腰痛はなく、会社を休まずに済んだという事なのです。

この方の大きな体の変化は、尿の回数が増えたそうで、1日7回~8回行くようになりました。

便通もよくなり、3か月後には、体重が3㎏も減っていたそうです。また下半身の水太りも解消され、ヒップが4㎝、太ももが2㎝細くなりました。

いまでは、生理痛も消え、体重も減らすことができるプチ断食ダイエットをするのが、楽しくてしょうがないそうです。

このように生姜には、体を温める作用によって、女性特有の病気にも効果がるようです。、

とにかく、女性は、体を冷やしてはいけません。

冷やすことで、卵巣や子宮などの活動も影響を受けます。

体を温かくしてあげることはとても大切なことなのです。

体を温めることで、アトピーにもダイエットにも効果があります。



コメント

タイトルとURLをコピーしました