野菜好きがダイエットを制する『グリーンスムージー』

スムージー

映画の中でアメリカ人女性が、ランチで野菜を食べていた

お昼のランチに野菜を食べるのはごく普通のことです。

しかし、そのアメリカ人は、食べる量が違っていました。

台所で使うボウルようなものに、野菜がたっぷりと入っていたのです。

少し昔のアメリカでは、キャリアウーマンは、サラダバーでランチをとることが流行だったようです。

もちろん肥満を予防するためです。

洗面器のような大きなボウルに野菜がたくさん入っていてそれを抱え込むように食べているんです。

それを見ていると、野菜は少ししか食べることができない・・・なんて言っている人がいたら、見せてあげたいくらいです。

野菜は、生でも温かくして食べてもどちらでもOKです。

厚生労働省では、1日に30品目の食品を食べましょうという目標を出しています。

30品目を食べようと思えば、そこに野菜がなければ絶対に成り立ちません。

逆に野菜ばかり食べていたのでは、タンパク質不足になり、エネルギー不足になってしまいます。

30品目を達成しようと思えば、お昼のランチの時でも、あと1品野菜をつけることをおすすめします。

たかが1品の野菜ですが、されど1品の野菜です。

野菜には5つの効用があります。

■低カロリー、もしくはノンカロリーなのでボリュームがあっても低カロリー料理が作りやすい。

■ビタミンをたっぷりととることができる。ビタミンAは、肌を美しくするほか、のどや鼻の粘膜を丈夫にしてインフルエンザなどのウィルスの侵入を防いでくれます。

■ビタミンCは、ストレスによる抵抗力をつけてくれます。寒さや風邪、伝染病から守ってくれます。

■ビタミンA,Cはともに、発がんを抑えてくれます。発がん抑制因子のバックアップをしてくれるので、発がん予防の大切な助っ人となります。

■最近はミネラルやビタミンよりもっと微量な栄養素や色素などの効能も発見され、一層重要な食品となっています。

野菜は、このようにとても大事な、食品なのです。

この野菜をスムージーにした食品があります。

「グリーンスムージー」

このサイトでは以前も紹介させていただきました

16種類の野菜と果実をおいしく摂ることができます。

野菜特有の青臭さを軽減し、甘さは控えめに仕上げ、すっきりとした味なので、毎日おいしく続けることができます。

大学との共同で行った食事栄養調査で明らかになった、不足しがちな栄養素を不足分だけ配合し、バランスの取れた栄養摂取をサポートします。

グリーンスムージーなら1本で不足分をすべてチャージできます。

※美容と健康のために、コラーゲンペプチドを1本に2500㎎配合しています。
  • 栄養の偏りが気になる方
  • 食生活を見直したい方
  • アクティブに動きたい方
  • 外食が多い方

このような方には、ぜひグリーンスムージーをおすすめしたいと思います。

グリーンスムージーを始めてご購入の方は公式サイトから


グリーンスムージー初めてセットは、特別価格でのご購入はおひとり様1回限りです。

ご購入は公式サイトから

コメント

タイトルとURLをコピーしました