自宅でダイエットをするならダンベルは必需品でしょう

その他ダイエット商品

ジムにいは通わず、自宅でダイエットを行う方へアドバイスです

こんにちは、エリーゼです。

ダイエットをしたいけれど、どうしてもジムに通うのはイヤ!という方へ、私が、ダンベルを使ったトレーニングの方法を教えてあげましょう。

参考にしたサイトは、こちら

ダンベル・バーベル・サンドバッグ等の通販【ファイティングロード】

正しいダンベルを使ったスクワットトレーニングの仕方教えます

正しいダンベルを使ったトレーニングの方法をご紹介います。

ダンベルを使ったトレーニングの前に、正しいダンベルの使い方をご存知ですか。

筋肉トレーニングでは回数をこなせばいいというわけではありません。まずは正しい使い方をしないと効果的なトレーニングはできません。

曖昧なダンベルの使い方をしていると、時間をかけても効果が出ないことが多いです。

ダンベルを使用するときには、姿勢、フォーム、適正な重さに気を付けないといけません。

■スクワットをするときにダンベルを取り入れる

ダンベルは、スクワットをするときに取り入れることにより、効果的に下半を鍛えることができます。

ただし、スクワットでダンベルを使う場合、何も使わないスクワットの仕方とは、少しフォームが変わります。
そこに注意しなければなりません。

無理してスクワットをしちるうちに筋肉が痛む可能性があります。

■ダンベルを持っていない時と持っているときのフォームの違いはどこでしょう

何も持つことなく普通のスクワットは、上半身をまっすぐにするように膝が前に出るように体をおろしていきます。しかし同じスクワットでもダンベルを使う場合は、上体をおろしていく時にお尻が突き出るようになります。
普通のスクワットと比較して、下半身だけでなく、おなかや背中のあたりを鍛える効果もあります。

筋トレという目的のスクワットであるならば、ダンベルは必須ですね。

この時、決して重たいダンベルは使わないように。まずは、軽いダンベルからスタートしまずは下半身をしっかりと鍛えましょう。

その後徐々に重量を上げ、肩に力があまりかからないように意識します。持つときも軽めに持ちます。あまり思いダンベルを持つと下半身やおなか、背中という前に、肩や腕に負荷がかかるので効果はないし、ケガの素になります。

下半身がしっかりと負荷を感じているのかどうかを確かめながら少しずつ重くしていってください。

スクワットについては、一気に負荷をかけるのではなく、徐々に重量を増やしていくのが効果的です。

スクワットをすることで、腹筋も十分に鍛えることができます。

あなたもダンベルを購入して、スクワットを始めてみませんか。

ダンベルの商品を見てみる

ファイティングロードには、ダンベルだけでなく様々なトレーニング器具を通信販売しています。

豊富な品揃えを誇る当店なら、あなたのトレーニングにピッタリの商品を見つけて頂くことができます。

また、各種トレーニング機器でできるトレーニング方法やトレーニングに関するQ&Aなどコンテンツも充実させております。

ファイティングロード co.,ltd.のトレーニング機器は、本格的に鍛えようとされている方から
運動不足解消やダイエット目的の方にまで幅広くお求め頂ける商品をご用意しております。

プロ格闘家も認めるサンドバッグ(サンドバック)をはじめ、ダンベルやバーベルなどすべての商品が高品質ながらも安く、これまでにも多くのお客様にご利用頂いております。

ただし、高品質のトレーニング器具を買っただけではトレーニングにはなりません。
正しいダンベルトレーニング、正しいバーベルトレーニングなど、正しい使い方をしてこそ、
その効果を発揮します。

ファイティングロード公式サイトで、商品を見てみる

補足説明
『かっこいいカラダになりたい。』誰もが一度は胸に抱くのではないでしょうか。テレビでみたアスリートや雑誌でみた外国人モデルなど、人それぞれ理想の身体は違うけれど、やるべきことは決まっています。それは、筋トレ! 前に挑戦したけど全然筋肉がつかなかったとか才能がないからとか言い訳してあきらめてしまうのはもったいない。筋トレの基本的な知識を身につけて、効率よくトレーニングしましょう。



コメント

バストを大きくしたいならバストアップサプリ【Bom2 Boron】~ボンボンボロン~
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました